余った年賀状の交換はいつまで?手数料はいくら?換金はできる?

年賀はがき 余った年賀状交換

⇒ 年賀状印刷のおたより本舗

年賀状は書き間違えることも考えて多めに購入すると、書き終えて余りがでることもありますよね。

それらはお正月が過ぎても使えなくはありませんが季節外れの感じがして気が引けます。

それなら普通の葉書に交換しておいた方がいいですよね。

このような余った年賀はがきの交換期限はいつまでなのでしょう。

手数料はかかるのでしょうか?

また換金することはできるのでしょうか?

そこで余った年賀状の交換についてご紹介します。

スポンサーリンク

余った年賀状の交換はいつまで?



余った年賀状は多めに購入して余ったものや誤って購入してしまった年賀はがきなど様々です。

また近親者に不幸があった場合も購入した年賀はがきを使わなくなることがあります。

これらの余った年賀状は交換ができますが期限はいつまででしょう。

未使用の年賀状

余った年賀状で未使用のものは通常切手や通常はがき、郵便書簡などに交換することができます。

今年のものに限らず過去の年賀はがきも交換できますので交換の期限はありません。

誤って購入してしまった年賀状

例えばインクジェットの年賀状を購入しようとして間違って普通の年賀状を購入してしまった。

このように誤って購入してしまった当年度の年賀状は年賀はがきの販売期間中であれば交換が可能です。

スポンサーリンク

余った年賀状を交換する手数料はいくら?

余った年賀状を交換する手数料はいくらでしょう?

未使用の年賀状

余った未使用の年賀状交換する場合には年賀はがき1枚につき5円の手数料がかかります。

誤って購入してしまった年賀状

先程のようなインクジェットを購入しようとして普通の年賀状を誤って購入したような場合の手数料は無料となります。

ただし無料で交換が可能なのは当年度の年賀状が販売されている期間になります。

近親者に不幸があった場合

年賀はがきを購入して準備していたものの近親者に不幸があった場合には喪中となり年賀状を控えます。

そのようなときは通常切手(弔事用切手を含む)や通常はがき、郵便書簡などに無料で交換できます。

この場合も無料で交換が可能なのは当年度の年賀状が販売されている期間になります。

余った年賀状で換金できる?

余った年賀状は郵便局で手数料を払えば切手や葉書に交換はできますが換金することはできません。

これらの余った年賀はがきを換金したいということであれば、金券ショップなどで買い取ってもらうのがいいでしょう。

ただし買取条件は100枚単位や未開封などショップによって違いがありますので、詳しくは最寄りの金券ショップで尋ねた方がいいでしょう。

ネットでも買取業者はありますので比較検討してみるといいでしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました