暑中見舞いの例文!友人(友達)への書き方(親しい・遠方・ご無沙汰)

風鈴 暑中見舞い例文(友人)

暑中見舞いを友人(友達)に送るとき、どのようなことを書けばいいのでしょう。

友人といっても親しい友人、遠方の友人、ご無沙汰な友人と人によって状況は様々です。

そこで暑中見舞いを友人(友達)あてに書く場合の例文をご紹介します。

暑中見舞いはがき印刷なら人気NO.1おたより本舗!

スポンサーリンク

暑中見舞いの例文!友人(友達)に送る場合

暑中見舞いを友人あてに書く場合について例文をご紹介します。

親しい友人へ送る場合

暑中御見舞い申し上げます

厳しい暑さが続いていますが、お元気でいらっしゃいますか。

おかげさまで、私たち家族は海に山にと夏を満喫しています。

今度お土産も持参しますので、暑気払いも兼ねて冷えたビールで乾杯しましょう。

近いうちにご連絡いたします

日中は日差しが強いので十分気をつけて、くれぐれも夏バテなどなさいませんように。

令和◯年 盛夏

スポンサーリンク

遠方の友人へ送る場合

暑中御見舞い申し上げます

毎日暑い日が続きますが、お元気でいらっしゃいますか。

こちらは連日35度を超える日が続き、冷房の効いた部屋から出られない毎日です。

今年のお盆は帰省する予定ですので、一緒に冷たいビールでも飲みながら昔話でもしましょう。

暑さはこれからが本番です。くれぐれも体調を崩さないよう気をつけてください。

令和◯年 盛夏

ご無沙汰な友人へ送る場合

暑中御見舞い申し上げます

暑い日が続く毎日ですが、お元気でいらっしゃいますか。

すっかりご無沙汰してしまいましたが、私は元気に暮らしています。

お盆には久しぶりに帰省する予定ですので、◯◯さんと会えるのが楽しみです。

今年は例年にない暑さですので、体調にはくれぐれも気をつけて過ごしてください。

令和◯年 盛夏

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました