年賀状の一言添え書き!疎遠になってしまった友達へのメッセージ例文

都会 年賀状一言友達疎遠

⇒ 年賀状印刷のおたより本舗

懐かしい友達に久し振りに年賀状を書くときには、どんな一言がいいのでしょうか?

昔は仲良くいつも一緒にいた友達ですが、すっかり疎遠になってしまうとご無沙汰しすぎて何と声をかけたら良いかわからないですよね。

そこで年賀状の一言添え書きで疎遠になってしまった友達へのメッセージ例文をご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書き!疎遠になってしまった友達へのメッセージ例文



疎遠になってしまった友達へ一言添え書きを書くときに抑えておきたい内容があります。

相手の安否を尋ねる言葉、ご無沙汰をお詫びする言葉、こちらの近況を知らせる言葉、健康を祈る言葉、幸せを祈る言葉、再会を願う言葉などです。

相手との関係性により選ぶ言葉のニュアンスも変わってくると思います。

これらそれぞれのメッセージ例文についてご紹介します。

相手の安否を尋ねる言葉

疎遠になってしまい、すっかりご無沙汰している友達への一言めは相手の安否を尋ねる言葉がいいでしょう。

・お元気ですか?

・お久しぶりです!元気にしていますか?

・お久しぶりですが、お元気ですか?

・ご無沙汰しています。お元気でしょうか?

・すっかりご無沙汰しておりますが、お元気にされていますか?

ご無沙汰をお詫びする言葉

次にご無沙汰してしまった無礼をお詫びする一言になります。

最初に安否を尋ねるときに一緒にお詫びする流れもあります。

・大変ご無沙汰しております

・長らくご無沙汰いたしております

・ご無沙汰ばかりしておりまして大変申し訳ございません

・久しくご挨拶もせず恐縮しております

・久しくご連絡も差し上げず申し訳なく存じております

スポンサーリンク

こちらの近況を知らせる言葉

続いてこちらの近況を知らせる言葉になります。

報告すべきことがあるときはここに書きます。

また特別変わりない場合はそのように書けばいいでしょう。

・こちらは日々変わりなく過ごしております

・こちらはおかげさまで家族皆元気に暮らしています

・こちらは昨年転勤で◯◯に引っ越しいたしました

・こちらは昨年結婚して新しい人生の第一歩を歩み始めました

・こちらは昨年に待望の長女が誕生いたしました

健康を祈る言葉

最後に相手の健康や幸せを祈る言葉で結ぶとまとまります。

寒さが厳しい時期に健康を気遣うメッセージは相応しいでしょう。

・寒さ厳しき折くれぐれもご自愛ください

・寒い日が続きますのでどうぞご自愛ください

・厳寒の折風邪など召されませんようご自愛ください

・風邪などひかないようお体を大切になさってください

・まだまだ寒い毎日が続きますのでお体にはお気をつけください

幸せを祈る言葉

最後の結びには年の始まりですから相手の幸せを願うというのも相応しいでしょう。

・素晴らしい一年になりますように

・喜びあふれる一年になりますように

・幸せあふれる一年になりますように

・充実した一年になりますように

・幸多き一年になりますように

再会を願う言葉

疎遠になってしまった友達ですから再会を願う言葉で結ぶのもいいでしょう。

年賀状にはお互いの連絡先住所も書いてありますからこれを機にまた交流が始まるといいですね。

・今年こそ再会できますように

・今年こそ皆で集まりたいですね

・今年こそ会えるのを楽しみにしています

・今年こそゆっくり会いたいですね

・今年は時間を作ってみんなで集まりましょう

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました