7月

二十四節気

二十四節気一覧!意味と読み方と覚え方について

季節を区分して表すのに使われるのが二十四節気です。立春、秋分など漢字二文字で表し、一年を通して様々な節気があります。しかし、その意味や読み方について知らないことも多いですよね。また覚えるにはどうすればいいのでしょう。そこで二十四節気の意味と読み方、覚え方についてご紹介します。
残暑見舞いとは

残暑見舞いとは?暑中見舞いとの違いや意味や時期について

八月に入ると上旬には立秋を迎え暦の上では秋になります。しかし、まだ八月は始まったばかりですから暑いですよね。そんな時期に送るのが残暑見舞いです。残暑見舞いとはどんな挨拶状なのか、暑中見舞いとの意味や時期の違いについてもご紹介します。
暑中見舞い

暑中見舞いについて!時期や例文と返事など夏の挨拶状の書き方

夏になると猛暑という言葉をよく聞くようになり、30度を超える真夏日も珍しくなくなりました。毎日暑いと日頃お世話になっているあの人は元気にしているだろうかと気になりますよね。相手のことを思い暑中見舞いを送ると頂いた方も嬉しいと思います。そこで暑中見舞いについて時期や例文と暑中見舞いを頂いたときの返事の書き方などもご紹介します。
暑中見舞いはがき郵便局

暑中見舞いはがき郵便局で買える?デザイン・販売期間・値段・抽選日

夏の暑い時期に送る暑中見舞いですが、専用のはがきは郵便局で買えるのでしょうか?それはどのようなハガキなのでしょう。デザイン・販売期間・値段・抽選日など、暑中見舞いに相応しいはがきをご紹介します。
暑中見舞い例文

暑中見舞いの例文!先生・友人・親戚・ビジネスでの書き方

暑中見舞いは夏の最も暑い時期に送る挨拶状になります。相手の健康を気づかい自分の近況報告も書きますが、送る相手によって言葉も変わってきます。そこで先生・友人・親戚、またビジネスの場面で書く場合の例文についてご紹介します。
暑中見舞い例文(親戚)

暑中見舞いの例文!親戚への書き方(お中元のお礼・ご無沙汰している場合)

暑中見舞いを親戚に出すときはどのように書けばいいのでしょう。日頃何かとお世話になっている人もいれば、しばらくご無沙汰しているような方もいると思います。またお中元のお礼を伝える場合もあるでしょう。そこで、暑中見舞いの例文について親戚へ送る書き方をご紹介します。
暑中見舞い返事

暑中見舞いの返事の書き方!返信マナーと時期や文例

暑中見舞いのはがきを頂いたら返事を書きますよね。でも、どのようなことに注意して書けばいいのでしょう。暑中見舞いの返事は暑中見舞い?残暑見舞いになるケースは?お礼文はどのように書けばいい?このような返信のマナーや送る時期、また文例などもご紹介します。
暑中見舞いはがき書き方

暑中見舞いはがきの書き方!挨拶文・主文・未文・日付などの基本構成

暑中見舞いを書く時に何から書き始めればいいのか、どんな順番に書けばいいのか迷いませんか。それには基本構成を覚えておくとスムーズに書き進めることができると思います。暑中見舞いはがきの書き方として、挨拶・主文・未文・日付などの基本構成についてご紹介します。
暑中見舞い例文(ビジネス)

暑中見舞いの例文!ビジネスでの書き方(上司・取引先・お客様)

仕事でお世話になっている人にどのような暑中見舞いを送ればいいのでしょう。日頃お世話になっている上司や担当している取引先、またお店のお客様など。仕事上のお付き合いといっても立場も送る相手も様々です。そこで暑中見舞いの例文としてビジネスでの書き方について上司・取引先・お客様にわけてご紹介します。
暑中見舞い例文(友人)

暑中見舞いの例文!友人(友達)への書き方(親しい・遠方・ご無沙汰)

暑中見舞いを友人(友達)に送るとき、どのようなことを書けばいいのでしょう。友人といっても親しい友人、遠方の友人、ご無沙汰な友人と人によって状況は様々です。そこで暑中見舞いを友人(友達)あてに書く場合の例文をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました