暑中見舞いの返事の書き方!返信マナーと時期や文例

蚊取り線香 暑中見舞い返事

暑中見舞いのはがきを頂いたら返事を書きますよね。

でも、どのようなことに注意して書けばいいのでしょう。

暑中見舞いの返事は暑中見舞い?

残暑見舞いになるケースは?

お礼文はどのように書けばいい?

このような返信のマナーや送る時期、また文例などもご紹介します。

スポンサーリンク

暑中見舞いの返事の書き方

⇒暑中見舞いのはがき印刷ならおたより本舗がオススメ!

暑中見舞いの返事の書き方についてご説明します。

返信のマナー

まずはじめに暑中見舞いの返信についてですが、一般的に相手と同じ方法で返信をするというのがマナーとなります。

ハガキを頂いたらハガキで、メールで頂いたらメールで返信します。

挨拶文について

暑中見舞いを頂いた場合の返信は必ずしも暑中見舞いとして返信するとは限りません。

それは時期によっては残暑見舞いとなるからです。

その区切りが暦の上での立秋(8月7日頃)になります。

スポンサーリンク

返信の時期

暑中とは字のごとく暑い最中ですので、一番暑い時期のことを指します。

暑中見舞いを出す時期には諸説ありますが、一般的には梅雨が明けてから立秋までです。

ハガキをいただいた期間が暑中でも返信を出す時期が立秋を過ぎれば残暑となります。

その場合は、挨拶文が「残暑お見舞い申し上げます」となります。

ただ先方への返事は遅くなっていいものではありません。

暑中見舞いを頂いたら一日も早く返事を書きましょう。

お礼の言葉

暑中見舞いの返信には、挨拶文に続いてはじめにお礼の言葉を書くのがマナーです。

お礼の言葉の例文は下記のようになります。

・暑中のお見舞いをいただきまして、ありがとうございました

・ご丁寧に暑中見舞いをいただきまして、お礼申し上げます

・お見舞状をいただき、誠に恐縮に存じます

返信の文例

それでは一般的な返信の文例をご紹介します。

文例1

暑中お見舞い申し上げます

このたびはご丁寧なるお見舞状をいただきまして、誠にありがとうございます。

皆様にはお健やかにお過ごしとのこと、何よりとお喜び申し上げます。

おかげさまで私どもも毎日元気に過ごしております。

暑さはなおしばらく続くようでございます。

お体を大切に過ごされますようお祈り申し上げます。

お礼かたがた暑中お見舞いまで。

令和◯年 盛夏

文例2

残暑お見舞い申し上げます

このたびはご丁寧なるお見舞状をいただきまして、ありがとうございました。

毎日30度を超える厳しい暑さですが、お変わりなくお過ごしのようで何よりです。

おかげさまで私どもも毎日元気に過ごしております。

夏の疲れが出やすい頃ですので、くれぐれもお体大事になさってください。

令和◯年 八月

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました