年賀状の一言添え書き!部下へのメッセージ例文

迎春 年賀状一言部下

⇒ 年賀状印刷のおたより本舗

部下宛に年賀状を書くときのメッセージどうしていますか?

書かないという選択肢もなくはないですが、一言書いてあるだけで貰う側としては嬉しいものです。

でも何を書けばいいのでしょう?

上から目線になれば嫌われそうだし難しいですよね。

そこで年賀状の一言添え書きで部下へのメッセージ例文をご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書き部下へのメッセージの書き方



はじめに年賀状の一言添え書きで部下へのメッセージの書き方についてです。

昨年の仕事を労い、今年の活躍を期待するような書き方が一般的です。

その他にも添え書きとして書けるメッセージの内容や気をつけることについてご説明します。

盛り込みたい内容

一言メッセージに盛り込みたい主な内容は下記になります。

・励ます言葉

・褒める言葉

・健康を気遣う言葉

・今年の付き合いをお願いする言葉

上から目線にならない

上司から部下に送る年賀状のメッセージで気をつけるのは上から目線にならないようにすることです。

そもそも新年の挨拶で厳しい言葉を書く上司はいないと思いますが文章だけでは説明が不自由分で誤解もされやすいでしょう。

年始の挨拶状ですから大人として同じ会社員として節度のある適切なメッセージにとどめるべきです。

ただでさえ役職が上ですから丁寧な挨拶文の方が部下にその意味を深く受け止めさせることができるはずです。

忌み言葉を使わない

年賀状は新年を祝うおめでたい挨拶状ですから縁起の悪い忌み言葉はNGです。

部下から指摘を受けないようにあらかじめメッセージの文章は自分で確認しておきましょう。

句読点を使わない

句読点については一般的には書かないというのが通例です。

それは相手との縁に区切りをつけないためといわれています。

ただし現代では読みやすさを優先するという解釈もあり厳密なきまりはないと思われます。

ただ今回は部下に宛てて書く年賀状ですから句読点を書かずに改行やスペースで上手に見せるようにするといいでしょう。

修正ペンは使わない

部下への年賀状だからといって修正ペンを使っていいというものではありません。

書き損じのはがきは郵便局で交換できるので新しいはがきに丁寧にメッセージを書きましょう。

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書き部下へのメッセージ例文

年賀状の一言添え書き部下へのメッセージ例文についてご紹介します。

部下といってもその関係性は相手により様々だと思います。

親しい部下もいれば、そうでない部下もいるかもしれません。

メッセージは相手によって適切な内容と書き方で自分らしく伝えましょう。

励ます言葉

身近な人からの励ましの言葉は何よりも心強いものです。

部下にとって日頃厳しい上司も実は自分を支えてくれているとわかれば新年からやる気もでるでしょう。

・今年も頑張ろう!

・今年も頑張りましょう!

・今年も一緒に頑張ろう!

・今年はさらなる成長を期待しています

・今年もさらなる飛躍を期待しております

・今年こそ資格取得!応援しています

・今年も一緒に会社を盛り立てていこう

・今年は◯◯課の目標を達成できるよう力を合わせて頑張ろう!

・今年から後輩が大勢入社してくるから先輩らしく良い見本になるように頑張れよ

・結婚して家族もできたわけだから一家の大黒柱として頑張れ!

褒める言葉

日頃あまり言っていないのが相手を褒めることです。

感謝はしていても相手には伝わっていません。

自分の部下に素直に感謝するのに年賀状はいい機会といえます。

・いつも◯◯してくれてありがとう

・◯◯のおかげでいつも助かっているよ ありがとう!

・◯◯ではいつも迷惑をかけているね 助かっているよ ありがとう!

・◯◯のような部下に出会えて本当に感謝しています

・◯◯の頑張りはみんな評価しているよ

・◯◯のおかげでみんなが仕事に集中できるんだ ありがとう!

・いつも朝早くから仕事の準備をありがとう

・いつも遅い時間まで仕事のフォローをありがとう

・いつも職場の雰囲気を明るくしてくれてありがとう

・大変な仕事をいつも誠実にやってくれて感謝しています

・一番大変な仕事を不平不満をいわずやってくれて本当に感謝しています

健康を気遣う言葉

年賀状が届く一月は寒さも厳しい時期です。

普段から体調管理は万全と思いますが年末の忙しさが終わり気が抜けるのがお正月です。

あらためて気を引き締めて過ごすように相手の健康を気遣う言葉も重要です。

・健康に気をつけて

・健康に気をつけるように

・体調に気をつけてください

・体調管理には気をつけましょう

・くれぐれも風邪など引かないように

今年の付き合いをお願いする言葉

今年も同じ会社、同じ職場であれば毎日顔を合わせ同じ目標に向かって頑張るわけです。

あらためて今年の付き合いをお願いするというのは上からも下からもないでしょう。

同じ仕事仲間として大事な一言です。

・今年もよろしく!

・今年もどうぞよろしく

・今年も宜しくお願いします

・本年もどうぞよろしくお願いします

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました