年賀状の一言添え書き!親戚の病気を見舞うメッセージ例文

病院 年賀状一言親戚病気

⇒ 年賀状印刷のおたより本舗

親戚に年賀状を書くときに相手が病気の場合は、どのように書けば良いのでしょうか。

寒い季節に使う「ご自愛してください」は健康な人に言う言葉ですから相応しくありませんよね。

既に怪我や病気担っている方へはどんな言葉が相応しいのでしょうか。

そこで年賀状の一言添え書きで親戚に病気を見舞う書き方とメッセージ例文をご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書き!親戚の病気を見舞う書き方



親戚が病気のとき年賀状で見舞う一言は何と書けばいいのでしょう。

冬の寒さが厳しいときによく使う「ご自愛ください」は健康に人に対して使う言葉です。

現在相手の方がご病気であれば、相応しい言葉とはいえません。

また怪我や病気のときは、精神的にもナーバスになっているものです。

あまりに不用意な言葉で相手を不快な気持ちにさせないことが重要です。

相手に合わせて言葉選びは慎重しましょう。

そこで

・怪我や病気の状況を尋ねる言葉

・休養をすすめる言葉

・回復を祈る言葉

このような言葉をご紹介します。

また、相手が病気や怪我に触れてほしくないという場合もあると思います。

その辺はお付き合いのある方にしかわからないことです。

手紙は相手を思いやることが一番大事ですのでくれぐれも慎重に書いた方がいいでしょう。

怪我や病気の状況を尋ねる言葉

まず相手の状況や具合を尋ねる言葉になります。

・ご病気の具合はいかがですか

・お怪我の具合はいかがですか

・その後の経過はいかがですか

休養をすすめる言葉

次に無理をしないで休養に専念してもらうようにすすめる言葉になります。

・ゆっくりご静養されてください

・焦らずに治療に専念してください

・無理をなさらず休養なさってください

回復を祈る言葉

さらに一日も早い回復を祈る言葉になります。

・一日も早いご回復を心よりお祈り致しております

・一日も早くお元気なお顔を拝見したいと存じます

・一日も早い全快を心より祈念致しております

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書き!親戚の病気を見舞うメッセージ例文

では年賀状に書く一言添え書きで親戚の病気や怪我を見舞うメッセージ例文になります。

病気の場合の例文

ご病気の具合はいかがでしょうか?
仕事のことは一旦忘れて十分に休養なさってください
一日も早いご回復を心よりお祈り致しております

怪我の場合の例文

お怪我の具合はいかがですか?
ゆっくり焦らずに治療に専念されてください
早くお元気なお顔を拝見したいと存じます

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました