年賀状の番地の書き方!縦書きは漢数字?10はどう書けばいい?

年賀はがき 年賀状番地

⇒ 年賀状印刷のおたより本舗

年賀状で宛名や差出人の住所を書く時に迷うのが番地の書き方です。

縦書きのときは漢数字で書くのが普通なのでしょうか?

それとも算用数字で書いてもいいのでしょうか?

10の書き方も悩みますよね。

そこで年賀状の番地の書き方についてご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状の番地で縦書きは漢数字?



年賀状の番地は縦書きで漢数字をつかうのでしょうか?

まずは年賀状の住所の書き方から確認していきましょう。

住所は縦書き横書き?

年賀状の宛名住所は縦書きで書きますか、それとも横書きで書きますか?

昔から手紙は筆を使用して縦書きで書きますから、年賀状の住所を書く場合も縦書きが良いとされます。

現代ではどちらで書かなければならないということはありませんが、横書きは少しカジュアルな印象になるでしょう。

そのため目上の方や会社の上司、また取引先などに出す場合は縦書きの方が良いといわれています。

番地の書き方について

そこで住所を縦書きで書く場合、番地には漢数字を使用する方が見た目にはスマートです。

とくにこのようなマナーに厳しい相手に出す年賀状の場合は漢数字を用いて縦書きで書いた方がいいでしょう。

番地の書き方1

また番地に算用数字を使用した場合には下記のようになります。

友人や親戚に出すような場合、漢数字にこだわらないなら算用数字の方が認識しやすく読みやすいかもしれません。

ただし数字の間にあるハイフンは数字の1と間違われないように書き方に注意する必要があります。

番地の書き方2

スポンサーリンク

年賀状の番地で10はどう書けばいい?

年賀状の住所を漢数字で書く場合に一番迷うのが10の書き方です。

算用数字なら迷わず10と書きますが、漢数字では二通りの書き方があります。

それが「一〇」と「十」です。

漢数字を縦書きで書く場合には一般的に「一〇」と書く方が正しいとされています。

ただ縦書きで12を「一二」と書くと「三」と読み間違う可能性もあります。

住所の場合は誤配につながる恐れもあり、とくに注意が必要です。

番地の書き方3

そのため専門書によっては12を縦書きで「一二」とは書かず、「十二」と記しているものもあります。

番地の書き方4

年賀状を出した相手に番地の書き方について指摘を受けることはないと思います。

ただできる限りマナーに沿って失礼のないように書きたいですね。

また心を込めて書いた年賀状が確実に相手に届いてくれることの方が重要でしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました