喪中はがき宛名は薄墨がいい?印刷と手書きはどっち?横書きはダメ?

桔梗 喪中はがき宛名薄墨

⇒喪中はがき印刷のことなら【おたより本舗】

喪中はがきの宛名を書くときには薄墨で書いたほうがいいのでしょうか?

それとも普通の黒インクでも問題はないのでしょうか。

また印刷と手書きどちらの方がいいのでしょう。

横書きはダメ?縦書きの方がいい?

そこで喪中はがきの宛名についてご紹介します。

スポンサーリンク

喪中はがき宛名は薄墨で書くもの?

喪中はがきの宛名を書くときに迷うのがインクの色です。

薄墨(グレー)か黒か悩みますよね。

結論をいうと黒のインクで問題ありません。

その理由としては宛名が薄墨の場合、郵便の配達の方にとっては読みづらく不親切だからです。

間違って誤配ということにもなりかねません。

そもそも薄墨は香典に使いますが、それは故人を悼む涙で墨が薄くなったという意味になります。

また不幸を聞いて慌てて墨をすったため十分にすることができなかったという意味です。

喪中はがきは香典とは違い文字の色は黒でも問題はありません。

挨拶文は薄墨を用いても構いませんが、宛名についてはむしろ読みやすい黒の方がいいのです。

スポンサーリンク

喪中はがき宛名は印刷と手書きどっちの方がいい?

喪中はがきの宛名は印刷と手書きどちらの方がいいのでしょう。

最近はパソコンで印刷できますが、喪中はがきを印刷するのは失礼ではないか悩みますよね。

印刷は相手に失礼?

宛名印刷には多くのサービスがあり、喪中はがきに限らず年賀状などでも利用する方が多く現代では一般的といえます。

そういう意味では宛名を大量に印刷することは決して相手に失礼なこととはいえません。

綺麗な文字で印刷して配達する人も読みやすく受け取る人にとってもいいと思います。

短期間で準備するには最良の選択といえるのではないでしょうか。

手書きの方が丁寧?

それに対して宛名を手書きで書くことはダメかというと、決してそんなことはありません。

ただ大量のはがきの宛名を期限までに仕上げる作業はとても大変です。

でも手書きは印刷に比べて温かみのある印象にはなりますので、手書きでも全く問題はありません。

おすすめのペンは?

手書きで宛名を書く際に気をつけたいのがどのペンを用いるかということです。

日頃、仕事で使っているボールペンやカラーインクのペンなどは避けた方がいいでしょう。

ではどんなペンなら相応しいかというと、手頃なところでは下記のようなペンになります。

・筆ペン

・サインペン

・万年筆

このようなペン以外には毛筆がありますが、一般的には筆ペンが手頃で書きやすいと思います。

喪中はがき宛名は横書きはダメ?

喪中はがきの宛名は縦書きにしなければならないというルールはありません。

ただ、一般的に日本語は縦書きの文化ということから、横書きはカジュアルに感じ縦書きの方がフォーマルな印象になります。

また、裏面のご挨拶文が縦書きであれば、表面の宛名についても縦書きにした方がスマートです。

喪中はがきということを考えると縦書きを選択した方が無難と思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました