12月

喪中はがきとは

喪中はがきとは?喪中欠礼の意味や内容と書き方マナー

日頃あまり馴染みがないかもしれませんが、喪中はがきとはどのようなものなのでしょう。そのためには喪中や喪中欠礼の意味についても知っておく必要があります。喪中はがきの内容や書き方のマナーについてご紹介します。
2021.12.25
結びの言葉

結びの言葉!1月から12月まで締めの挨拶

季節の挨拶状では、その季節やその月に相応しい言葉があります。それは手紙の書き出しの挨拶だけでなく結びの言葉でも同様です。先方のことを思い自分の言葉で手紙を締めくくる方が気持ちが伝わるでしょう。それでは1月から12月までの結びの言葉についてご紹介します。
2020.06.14
結びの言葉12月

12月結びの言葉!ビジネスからカジュアルまでの締めの挨拶

12月(師走)は一年の締めくくりの月、お歳暮を送ったりお世話になった方へ年賀状の準備をします。そんな12月は寒さが厳しいので体調を気遣う言葉や今年のお付き合いに感謝し来年も同様のお付き合いをお願いする言葉相応しいでしょう。ビジネスで使えるかしこまった挨拶やカジュアルに使えるフレンドリーな挨拶に分けて12月の結びの言葉をご紹介します。
2020.06.14
風物詩

12月といえば?行事・イベント・記念日

12月(師走)は本格的な冬を迎え一年で最後の月になります。この一年お世話担った方にお歳暮を贈り、また年賀状の準備もあります。25日のクリスマスには家族やお友達とパーティをしてプレゼント交換。大晦日には年越しそばを食べ、街に除夜の鐘が響きます。そんな12月の行事やイベント・記念日についてご紹介します。
2020.06.13
時候の挨拶

時候の挨拶!1月から12月まで書き出しの言葉

四季折々に相手の安否を気づかい、また近況報告するのが季節の挨拶状になります。そのときに大事なのがその季節に相応しい言葉を用いることです。相手のことを思い、自分らしく季節感を表現する方が親しみがあります。それでは1月から12月までの時候の挨拶についてご紹介します。
2020.06.11
時候の挨拶12月

時候の挨拶12月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

12月(師走)は一年の最後の月、風は冷たく本格的な冬になります。二十四節気では12月は小雪から大雪、そして冬至へと巡ります。それでは12月の時候の挨拶で書き出しの言葉をご紹介します。
2020.06.12
タイトルとURLをコピーしました