年賀状の一言添え書き!上司へ新入社員からのメッセージ例文(感謝・抱負・ご指導)

オフィス街 年賀状一言上司新入社員

⇒ 年賀状印刷のおたより本舗

新入社員が上司へ年賀状を出す場合、年始の挨拶が印刷された挨拶文だけではそっけないですよね。

日々の仕事でのご指導やフォローへの感謝など一言書いた方が気持ちの伝わるその人らしい年賀状になります。

でもどのような添え書きを書いたらいいのでしょうか?

そこで年賀状の一言添え書きで上司へ新入社員からのメッセージ例文をご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きで上司へ新入社員からのメッセージの書き方



上司への年賀状の一言添え書きで新入社員からのメッセージの書き方についてご紹介します。

上司への賀詞は?

上司に送る年賀状の場合、賀詞の選び方にも注意が必要です。

賀詞には四文字、二文字、一文字、文章などの賀詞があります。

相手が上司など目上の人であれば四文字か文章の賀詞を選びましょう。

文章の賀詞であれば「謹む」という文字が入るものを選びます。

二文字や一文字の賀詞は簡略化した賀詞のため上司に出す年賀状には相応しくありません。

投函はいつ?

上司に送る年賀状は元旦に届くことが大前提です。

そのため年賀状の投函は元旦に届く期日に投函します。

元旦に配達されるための受付期間は例年12月15日から25日までです。

年賀状はこの期間内に出すことが重要になります。

早すぎるても遅すぎるてもよくありません。

年末は誰もが忙しく12月は中々思うように時間がとれません。

そのため年賀状の準備は早すぎるぐらいから始めておくのがベストです。

句読点は使わない?

年賀状の書く一言添え書きには句読点をつけないのが通例になります。

その理由は相手との関係に区切りをつけないという意味からです。

上司との関係も同様ですので添え書きの文章は改行したり工夫して書くようにしましょう。

忌み言葉は使わない?

新年をお祝いする意味の年賀状に縁起の悪い忌み言葉を使うのはよくないと言われています。

例えば年賀状には「去年」ではなく「昨年」または「旧年」と書くのがマナーです。

忌み言葉は他にもありますのでよく確認してから書きましょう。

修正ペンは使用しない?

年賀状に修正ペンは使いません。

それが上司への年賀状であれば当然失礼にあたります。

もし間違えたとしても書き損じしたはがきは郵便局で交換できます。

添え書き自体はそれほど長い文章ではありません。

新年のご挨拶ですから一文字づつ心を込めて丁寧に書きましょう。

盛り込む内容について

上司への年賀状で添え書きに盛り込む内容は下記のような内容になります。

・感謝の言葉

・今年の抱負

・今後のご指導をお願いする言葉

これら全てを書く必要はありません。

相手や状況によって相応しい言葉を書けばいいでしょう。

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きで上司へ新入社員からのメッセージ例文

それでは上司への年賀状の一言添え書きで新入社員からのメッセージの例文についてご紹介します。

感謝の言葉

・昨年は大変お世話になりました

・いつも温かいご指導をいただきありがとうございます

・いつも的確なアドバイスをいただきありがとうございます

・いつも親身に相談にのっていただきありがとうございます

・昨年は右も左もわからない新人の私に親切にご指導いただき本当にありがとうございました

・日頃の親身なご指導に深く感謝申し上げます

・旧年中はいろいろとお心遣いをいただき 誠にありがとうございました

今年の抱負

・入社2年目の今年は後輩の手本になれるよう努力します

・入社2年目の今年は後輩に頼りにされる先輩になれるよう頑張ります

・今年は飛躍できるようにより一層努力するつもりです

・今年はさらに仕事だけに集中して良い成績が残せるよう精進します

・昨年の経験を生かし今年はご期待に応えるべく精進する所存でおります

・新しい年心も新たになお一層の努力を惜しまぬ覚悟でおります

・入社2年目の今年は目標を明確に見定め積極的な姿勢で業務にあたりたいと思っております

・今年こそは◯◯賞がとれるよう日々努力します

・2年連続で◯◯賞が穫れるように頑張ります

ご指導をお願いする言葉

・本年もご指導よろしくお願いいたします

・本年もご指導のほどよろしくお願い申し上げます

・本年もご指導とご鞭撻の程何卒宜しくお願い申し上げます

・本年も変わらぬご指導を賜りますようよろしくお願いいたします

・まだまだ未熟で何かとご迷惑をおかけしますが本年もご指導のほどよろしくお願いいたします

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました