年賀状あけましておめでとうございますは上司に失礼?目上の人に使う賀詞

あけましておめでとうございます 年賀状あけましておめでとう

⇒ 年賀状印刷のおたより本舗

上司に送る年賀状に、あけましておめでとうございますと書くのは失礼なのでしょうか。

目上の人に送る年賀状の賀詞や挨拶文には気を使いますよね。

そこで年賀状に書くあけましておめでとうございますという賀詞についてご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状の賀詞とは?



年賀状の賀詞とはお祝いの言葉のことで、一文字、二文字、四文字、文章などがあります。

それぞれ年賀状を送る相手によって相応しいもの、相応しくないものがあります。

同じ挨拶文を印刷するような場合は、賀詞の選び方にも気をつけたいものです。

目上に使える賀詞

とくに気をつけたいのが上司など目上の人に送る場合です。

新年の挨拶から失礼がないようにしたいですよね。

目上の方へ送る年賀状の賀詞に相応しいのは四文字や文章の賀詞になります。

いくつか例をご紹介します。

四文字の賀詞

・謹賀新年(きんがしんねん)・・・謹んで新年をお祝いいたします

・謹賀新春(きんがしんしゅん)・・・謹んで新春をお祝いいたします

・恭賀新年(きょうがしんねん)・・・恭しく新年をお祝いいたします

・恭賀新春(きょうがしんしゅん)・・・恭しく新春をお祝いいたします

・恭頌新禧(きょうしょうしんき)・・・恭しく新年の喜びをお讃え申し上げます

文章の賀詞

・謹んで新年のお慶びを申し上げます

・謹んで初春のお慶びを申し上げます

・謹んで新春のご祝詞を申し上げます 

・謹んで年始のお喜びを申し上げます

・謹んで年頭のご挨拶を申し上げます

目下や友人に使える賀詞

目下や友人に使う場合には下記のような二文字や一文字の賀詞が使用できます。

いくつか例をご紹介します。

・迎春(げいしゅん)・・・新年を迎えました

・賀正(がしょう)・・・正月を祝います

・頌春(しょうしゅん)・・・新年をたたえます

・寿(ことぶき)・・・おめでたいことです

・禧(き)・・・おめでたいことです

・福(ふく)・・・しあわせなことです

これらの二文字や一文字の賀詞は簡易的な賀詞になり、相手への敬意や丁寧さに欠けます。

そのため目上の方に使うのは相応しくありません。

ただし同僚や友人、部下や目下の人に使うことはできます。

誰にでも使える賀詞

誰にでもつかえる賀詞というものもあります。

いくつか例をご紹介します。

・あけましておめでとうございます

・新年おめでとうございます

・新春のお慶びを申し上げます

・Happy New Year

これらの賀詞は誰に対しても使えるものです。

ただ細かいことをいえば、届いた相手の好みや印象は違うかもしれません。

また、新年あけましておめでとうございますと書くのは間違いという指摘もあります。

確かに「新年」と「あけまして」が重複しているようですが、広く使われているため間違いとも言い切れないようです。

しかし年賀状は上司に送るわけですから、そういうところも気を使いたいですよね。

スポンサーリンク

あけましておめでとうございますは上司に失礼?

「あけましておめでとうございます」は上司に失礼なのでしょうか?

「あけましておめでとうございます」は遥か昔から使われている新年の挨拶です。

相手を選ばずに使うことができますので上司に対して使っても失礼ではありません。

ただ、中には目上の人に使うのは失礼だ常識がないと思う人も一部いるようです。

それは目上には、より敬意を払いより丁寧な賀詞が他にもあるからでしょう。

先程の四文字の賀詞や文章の賀詞です。

(例)

・謹賀新年

・謹んで新年のお慶びを申し上げます

このように書かれている方が上司の好みであれば、ビジネスの上ではその方が無難な選択といえるでしょう。

年賀状ではどのような賀詞を使ってもいいわけですから、無理に「あけましておめでとうございます」と書く必要はありません。

また、上司など目上の人に対しては賀詞などより年賀状を送ること自体が失礼なのかもしれません。

本来、目上の方への新年の挨拶は直接こちらから出向いて行って挨拶するべきです。

それを年賀はがき一枚で済ませようというわけですから。

ただ、それは年賀状がお正月の挨拶として全国的に慣例となっているため常識の範囲内といえます。

年賀状が届いて、挨拶に訪れないと怒る人もいないでしょう。

また年賀状は書状になりますので、内容が丸見えのハガキは略式になり目上の方には手紙を送る方が丁寧なはずです。

そのように考えると賀詞に「あけましておめでとうございます」と書くことがそれほど失礼とは思えません。

ただ手紙は相手を思いやるものですから、上司に送るなら上司が受け取って喜ぶ賀詞を選ぶ方が無難といえます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました