寒中見舞い喪中の場合の文例!自分や相手が喪中のときの書き方

冬木立 寒中見舞い喪中文例

寒中見舞いは寒さが厳しい時期に相手の健康を心配して出す季節の挨拶状です。

しかし、その用途は様々で自分や相手が喪中の場合に出すこともあります。

喪中のときは年賀状を控え、松の内が過ぎてから寒中見舞いを出します。

そのときどのような文章を書けばいいのでしょう。

そのような喪中の場合の寒中見舞いの文例についてご紹介します。

スポンサーリンク

寒中見舞い喪中の場合の文例

喪中の場合の寒中見舞いの書き方についてです。

自分が喪中の場合と相手が喪中の場合に分けてご紹介します。

自分が喪中の場合

自分が喪中の場合は、喪中により年頭の挨拶を控えたことを寒中見舞いで伝えます。

新年も変わらぬお付き合いをお願いする言葉添えるといいでしょう。

また、自分が喪中であることを知らずに年賀状をいただくこともあると思います。

その場合も同様に喪中のため新年の挨拶を控えたことを伝えます。

相手の体調を気遣う言葉や今年のお付き合いをお願いする言葉で締めるといいでしょう。

喪中で新年の挨拶を控えた場合の文例

寒中お見舞い申し上げます

向寒の折 皆様にはお変わりございませんでしょうか
喪中のため年頭のご挨拶を遠慮させていただきました
本年も変わらぬおつき合いのほどお願い申し上げます

喪中と知らずに年賀状をくれた相手への返事の文例

寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧なお年始状を頂き有難く存じます
亡き(故人続柄)の喪中につき年頭の挨拶を控えさせていただきました
ご通知が遅れましたこと深くお詫び申し上げます

寒い日が続きますが皆様お元気でお過ごしください
本年も何卒よろしくお願い申し上げます

スポンサーリンク

相手が喪中の場合

相手が喪中の場合は年賀状を控えますが、松の内を過ぎてから寒中見舞いを出すこともあります。

また相手が喪中ということを知らずに年賀状を出してしまった場合は、まずはお詫びを伝えます。

その後に哀悼の意やご冥福を祈る言葉を入れるといいでしょう。

相手が喪中の場合の寒中見舞いの文例

寒中お見舞い申し上げます

服喪中のことと存じ年始のご挨拶は遠慮させていただきましたが
向寒の折 いかがお過ごしでしょう

ご家族の皆様はお力を落としのことと存じますが
お心を強くお持ちになってお過ごしください

今年は例年より厳しい寒さが続いておりますので
くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます

相手が喪中と知らずに年賀状を出してしまった場合の文例

寒中お見舞い申し上げます

この度は◯◯様ご逝去と存じ上げず、年始状を差し上げてしまい大変失礼いたしました
遅ればせながら 謹んで哀悼の意を表します

寒い日が続きますが くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました