残暑見舞いの例文!親戚への書き方(ご無沙汰している場合・暑中見舞いの返信)

花火 残暑見舞い例文(親戚)

残暑見舞いを親戚に出すときはどのように書けばいいのでしょう。

日頃から親しいおつきあいをしている人や、ご無沙汰になっている人など様々いると思います。

また、暑中見舞いのお礼として返信する場合もあるでしょう。

そこで、残暑見舞いの例文について親戚へ送る書き方をご紹介します。

スポンサーリンク

残暑見舞いの例文!親戚への書き方

⇒暑中見舞いのはがき印刷ならおたより本舗がオススメ!

親戚に送る残暑見舞いについて、一般的な例文とご無沙汰している場合、また暑中見舞いの返信についてご紹介します。

一般的な例文

残暑お見舞い申し上げます

立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

私どもは夏季休暇を利用して家族旅行で渓流遊びに出かけました。

都会の暑さから解放されて、束の間の涼を楽しんできました。

夏の疲れが出やすい頃ですので、夏バテなどなさいませぬようご自愛ください。

令和◯年 立秋

スポンサーリンク

ご無沙汰している場合の例文

残暑お見舞い申し上げます

厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

すっかりご無沙汰しておりましたが、私どもは元気に過ごしております。

今年のお盆には実家に寄りますので、そちらにも伺わせていただきたいと思います。

まだまだ暑い日が続きますが、夏風邪などひかれないようにお過ごしください。

令和◯年 八月

暑中見舞いの返信の例文

残暑お見舞い申し上げます

この度は丁寧なお見舞い状をいただき、ありがとうございました。

30度を超える毎日ですが、お変わりなくお過ごしのようで何よりです。

お陰様で私ども家族も元気に過ごしております。

厳しい暑さはまだしばらく続くようですので、体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

令和◯年 晩夏

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました