ビジネス

喪中はがき範囲

喪中はがきを出す範囲はどこまで?親戚・会社関係・葬儀参列者

喪中はがきは身内に不幸があったときに年賀状を送らないことを知らせるものです。でも喪中はがきを出す範囲はどこまでなのでしょう?そもそも身内の誰に不幸があった場合に出すものなのでしょうか?親戚や会社関係、また葬儀参列者など喪中はがきを出す範囲についてご紹介します。
残暑見舞い例文

残暑見舞いの例文!ビジネス・先生・友人・親戚への書き方

暦の上では秋になってもまだ暑い日が続く、そんな時期に送るのが残暑見舞いになります。相手の安否を気づかい自分の近況報告を兼ねて送りますが、送る相手によって内容が変わります。それぞれどのような文面で書くといいのでしょう。そこで先生・友人・親戚、またビジネスの場面で書く場合の残暑見舞いの例文についてご紹介します。
残暑見舞い例文(ビジネス)

残暑見舞いの例文!ビジネスでの書き方(上司・取引先・お客様)

ビジネスでお世話になっている人にどんな残暑見舞いを送ればいいのでしょう。上司や取引先、またお店のお客様など送る相手によって内容も変わります。それぞれに相応しい挨拶状とはどんな内容なのでしょうか。そこで残暑見舞いを上司・取引先・お客様に出す例文についてご紹介します。
暑中見舞い例文

暑中見舞いの例文!先生・友人・親戚・ビジネスでの書き方

暑中見舞いは夏の最も暑い時期に送る挨拶状になります。相手の健康を気づかい自分の近況報告も書きますが、送る相手によって言葉も変わってきます。そこで先生・友人・親戚、またビジネスの場面で書く場合の例文についてご紹介します。
暑中見舞い例文(ビジネス)

暑中見舞いの例文!ビジネスでの書き方(上司・取引先・お客様)

仕事でお世話になっている人にどのような暑中見舞いを送ればいいのでしょう。日頃お世話になっている上司や担当している取引先、またお店のお客様など。仕事上のお付き合いといっても立場も送る相手も様々です。そこで暑中見舞いの例文としてビジネスでの書き方について上司・取引先・お客様にわけてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました