5月

二十四節気

二十四節気一覧!意味と読み方と覚え方について

季節を区分して表すのに使われるのが二十四節気です。立春、秋分など漢字二文字で表し、一年を通して様々な節気があります。しかし、その意味や読み方について知らないことも多いですよね。また覚えるにはどうすればいいのでしょう。そこで二十四節気の意味と読み方、覚え方についてご紹介します。
結びの言葉

結びの言葉!1月から12月まで締めの挨拶

季節の挨拶状では、その季節やその月に相応しい言葉があります。それは手紙の書き出しの挨拶だけでなく結びの言葉でも同様です。先方のことを思い自分の言葉で手紙を締めくくる方が気持ちが伝わるでしょう。それでは1月から12月までの結びの言葉についてご紹介します。
2020.06.14
結びの言葉5月

5月結びの言葉!ビジネスからカジュアルまでの締めの挨拶

5月(皐月)は大型連休に始まり、暖かくなり行楽に良いシーズンになります。また周りを見渡せば木々の葉の緑とさわやかな風を全身に感じる気持ちのいい季節です。そんな5月には過ごしやすい季節だからこそ油断しないことや暑い季節に向かうので体調管理に気をつける一言が相応しいでしょう。ビジネスで使えるかしこまった挨拶やカジュアルに使えるフレンドリーな挨拶に分けて5月の結びの言葉をご紹介します。
2020.06.14
風物詩

5月といえば?行事・イベント・記念日

5月(皐月)は、ゴールデンウィークからはじまり端午の節句を迎えます。鯉のぼりや五月人形を飾り柏餅や粽を食べて、子供の健やかな成長を願います。また第2日曜日は母の日です。日頃お世話になっている母親に感謝の気持ちを伝えます。そんな5月の行事やイベント・記念日についてご紹介します。
2020.06.13
時候の挨拶

時候の挨拶!1月から12月まで書き出しの言葉

四季折々に相手の安否を気づかい、また近況報告するのが季節の挨拶状になります。そのときに大事なのがその季節に相応しい言葉を用いることです。相手のことを思い、自分らしく季節感を表現する方が親しみがあります。それでは1月から12月までの時候の挨拶についてご紹介します。
2020.06.11
時候の挨拶5月

時候の挨拶5月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

5月(皐月)は春が終わり、新緑や若葉の風が初夏を思わせる季節です。二十四節気では5月初旬の穀雨から夏の訪れ立夏、そして下旬の小満へと巡ります。それでは5月の時候の挨拶で書き出しの言葉をご紹介します。
2020.06.12
タイトルとURLをコピーしました