時候の挨拶3月

時候の挨拶3月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

3月(弥生)は寒さも徐々に弱まり日毎に暖かくなります。二十四節気では2月の雨水から3月に入り啓蟄、また春分へと巡ります。それでは3月の時候の挨拶で書き出しの言葉をご紹介します。
2020.06.12
時候の挨拶2月

時候の挨拶2月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

2月(如月)は暦のうえでは立春を迎えますが、まだ寒さが残る時期です。二十四節気では1月の大寒から2月初旬の立春、また雨水へと巡ります。それでは2月の時候の挨拶で書き出しの言葉をご紹介します。
2020.06.12
時候の挨拶1月

時候の挨拶1月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

1月(睦月)は年始の挨拶から始まり、昨年のお礼や感謝を伝え今年の幸せや健康を祈ります。お正月が過ぎると小寒大寒と冬の最も寒い時期になり、相手の安否を気遣う挨拶状を送ります。それでは1月の時候の挨拶で書き出しの言葉をご紹介します。
2020.06.12
敬語

敬語一覧!基本的な使い方(尊敬語・謙譲語・丁寧語)

手紙を書くときに使う敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語などがあります。しかし実際に書くときになってどんな言葉を使えばいいか迷いますよね。そこで敬語の基本的な使い方について一覧表をご紹介します。
2020.06.03
敬称

敬称とは?様や殿と御中の正しい意味や使い方とは?

敬称とは手紙で宛名を書く時に使われる「様」や「殿」、「御中」などがありますが正しく使えていますか?相手に敬意を払うつもりで使っても間違った使い方をしてしまうと失礼になります。そこで敬称について正しい意味や使い方をご紹介します。
2020.06.03
忌み言葉

忌み言葉とは?結婚式葬儀など慶事や弔事で避けたい言葉一覧

手紙を書く時に注意したいのが忌み言葉です。せっかく書いた手紙を読んで相手が不快な気持ちになるのは避けたいですよね。そこで慶事や弔事のときに手紙に書く言葉で避けたい忌み言葉一覧をご紹介します。
2020.06.03
追伸

追伸とは?意味や言い換えと正しい位置や書き方のマナー

手紙を書くときに追伸と書くことがありますが、どのような意味なのでしょう。また正しく使わないと失礼にあたることがあります。どのように書けば良いのでしょうか?追伸とは何か、その意味や言い換えについて、また正しい位置や書き方についてご紹介します。
2020.06.03
追伸の書き方

追伸の書き方!位置はどこ?縦書き横書きメールでの正しい使い方

本文に書き忘れたことや内容を補足するときに使うのが追伸ですよね。でも手紙を書く時にどの位置に書けばいいのでしょう?縦書きや横書き、またメールで注意することなど、追伸の書き方についてご紹介します。
2020.06.03
追伸の書き方

追伸の意味と使い方!ビジネスメールでは失礼?目上に使ってもいい?

手紙の最後に書く「追伸」とは、どんな意味なのでしょう。相手や使い方によってはとても失礼になる場合もありますので慎重に使いたいですよね。ビジネスメールや目上の人宛の場合にはどうなのでしょう。追伸の意味と使い方について詳しくご紹介します。
2020.06.03
頭語と結語の書き方

前略草々の意味とは?位置はどこ?縦書き横書きの書き方!

手紙の頭語と結語には決まった組み合わせがあります。その中で時候の挨拶を省略して本題を書くときに使われるのが「前略」と「草々」です。それぞれどのような意味で、どの位置に書けばいいのでしょう。また草々と早々はどちらが正しいのでしょうか?縦書き、横書きでの「前略」と「草々」の書き方をご紹介します。
2020.06.03
タイトルとURLをコピーしました