年賀状の一言添え書き!ビジネスで取引先へのメッセージ例文

会議 年賀状一言ビジネス取引先

⇒ 年賀状印刷のおたより本舗

取引先へ年賀状を書くときにどんな内容を書けばいいのでしょう。

挨拶文は定形の文章を印刷すればいいかもしれません。

でもそれだけではあまりにも事務的ですよね。

大切な取引先だからこそ一言添え書きを書いた方が喜ばれるはずです。

そこで年賀状の一言添え書きでビジネスで取引先へのメッセージ例文をご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きビジネスで取引先へのメッセージの書き方



それでは年賀状の一言添え書きビジネスで取引先へのメッセージの書き方についてです。

盛り込みたい内容

まず盛り込みたい内容は取引先によってもそれぞれだと思いますが、およそ下記のような内容になると思います。

・感謝の言葉

・お力添えをお願いする言葉

・努力する言葉

・発展を祈る言葉

・お付き合いをお願いする言葉

挨拶文と重複しない

一言添え書きを書くときに気をつけたいのが印刷された挨拶文と同じことを書かないことです。

書いていけないというわけではありませんが、何度も同じ内容が書かれているのは読む方も気づきます。

大事なお取引先ですから書く内容についても吟味して選んだ方がいいでしょう。

句読点をつかわない

次に一言添え書きには句読点は書かないというのが一般的です。

相手との縁に区切りをつけるという意味から使用しないということのようです。

そんなこと気にしないという方もいるとは思いますが書いても書かなくてもいいなら書かない方が無難です。

忌み言葉をつかわない

年賀状など新年をお祝いする意味の挨拶状に縁起の悪い忌み言葉は使わないようにしましょう。

去年ではなく、昨年や旧年と書くように配慮するような些細なことですが大切な気遣いです。

相手のことを考えて書くのが手紙のマナーですから忌み言葉かもと思ったら書く前に調べた方がいいでしょう。

修正ペンを使わない

年賀状を書くときに修正ペンは使わないようにしましょう。

修正するのは簡単ですが受け取る側としてはあまりいい気分はしません。

少しぐらいと思われるかも知れませんが大事な取引先であれば尚更です。

書き損じしても年賀はがきは交換できますので面倒でも新しいはがきで丁寧に書いた方がいいでしょう。

手書きで書く

一言添え書きは手書きで書くからこそ意味があります。

印刷で一緒に印刷すれば文字も綺麗に仕上がりますが、ぬくもりのようなものは感じません。

それは事務的、形式的にみえてしまうためです。

多数の取引先へ年賀状を出す場合、挨拶文の殆どは印刷でも構わないと思います。

しかし、担当者から担当者へのメッセージなどは手書きで書く方が気持ちが伝わります。

縦書きで書く

現代では年賀状も様々なものがありますが、本来手紙は縦書きが一般的です。

横書きはどうしてもカジュアルな印象になってしまうためビジネスでは避けた方が無難です。

ボールペンは使わない

年賀状を書くときには毛筆、筆ペン、サインペン、万年筆などが筆記具としては相応しいとされています。

身近なところでは筆ペンやサインペンがいいでしょう。

日頃仕事でもよく使うボールペンは線が細く事務的な印象を与えるため年賀状を書くには不向きです。

年賀状に書く線はやや太くはっきりした黒インクの方が縁起がいいとされます。

そのためメッセージにカラーインクなどを使うのもNGになります。

スポンサーリンク

年賀状の一言添え書きビジネスで取引先へのメッセージ例文

続いて年賀状の一言添え書きビジネスで取引先へのメッセージ例文をご紹介します。

感謝の言葉

まずは大事なのが感謝の言葉です。

昨年のお付き合いに感謝してお礼の言葉を書きましょう。

・いつもお心遣いをありがとうございます

・日頃よりお力添えいただきまして心から感謝いたしております

・旧年中は格別のお引き立てをいただきありがたく御礼申し上げます

・旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り誠にありがとうございました

・旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます

・昨年は格別のご厚意を賜り厚くお礼を申し上げます

お力添えをお願いする言葉

昨年に続いてお力添えをお願いする言葉も大事です。

・今後ともより一層のお力添えを何卒よろしくお願いいたします

・本年もお力添えのほどよろしくお願い申し上げます

・何卒お力添えいただきますよう心よりお願いいたします

・本年も変わらぬお引き立てのほどお願い申し上げます

・本年も何卒ご愛顧のほど宜しくお願いいたします

・今後も格別のご贔屓のほど心よりお願いいたします

努力する言葉

またお願いするだけではなく自分たちも誠心誠意努力する覚悟でいることを伝えましょう。

・皆様のお力添えをいただきながら一層の努力を重ねて参ります。

・今年も皆様のお役に立てるよう社員一同さらなる努力をもってお応えして参ります

・本年も皆様のお役にたてるよう一層の努力をもってご厚情にお応えして参ります

・本年も皆様のご期待に沿えるよう一層の努力を重ねてまいります

・本年も社員一同さらなる努力をもって皆様のお役に立てるよう頑張る所存です

・本年も一層気持ちを引き締め皆様のお役に立てるよう努める所存です

発展を祈る言葉

取引先がさらに発展することを祈る言葉などで結びます。

・貴社ますますのご発展をお祈り申し上げます

・貴社益々のご発展をお祈り申し上げます

・貴社の益々のご発展をご祈念申し上げます

・貴社のご繁栄を心からお祈り申し上げます

・貴社のご繁栄と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます

お付き合いをお願いする言葉

新年も変わらぬお付き合いをお願いする言葉で結んでもいいでしょう。

・本年も変わらぬご厚意のほど心より宜しくお願い申し上げます

・本年も変わらぬご交誼のほど何卒宜しくお願い申し上げます

・本年も一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます

・今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます

・今後ともご高配を賜りますようせつにお願い申し上げます

・本年もどうぞよろしくお願いいたします

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました