3月

二十四節気

二十四節気一覧!意味と読み方と覚え方について

季節を区分して表すのに使われるのが二十四節気です。立春、秋分など漢字二文字で表し、一年を通して様々な節気があります。しかし、その意味や読み方について知らないことも多いですよね。また覚えるにはどうすればいいのでしょう。そこで二十四節気の意味と読み方、覚え方についてご紹介します。
年賀状処分

年賀状の処分方法はガムテープが簡単?郵便局の回収箱に入れる?リサイクルするには?

年賀状のやりとりを毎年行っていると、気づけば膨大な量がたまります。それらの年賀状、どうしていますか?たまに見返すなら画像として保存すればいいですが、必要ないものは処分するしかありません。でもどうやって処分すればいいのでしょう。そこで年賀状の処分方法についてご紹介します。
結びの言葉

結びの言葉!1月から12月まで締めの挨拶

季節の挨拶状では、その季節やその月に相応しい言葉があります。それは手紙の書き出しの挨拶だけでなく結びの言葉でも同様です。先方のことを思い自分の言葉で手紙を締めくくる方が気持ちが伝わるでしょう。それでは1月から12月までの結びの言葉についてご紹介します。
結びの言葉3月

3月結びの言葉!ビジネスからカジュアルまでの締めの挨拶

3月(弥生)は春といってもまだ浅く、朝夕は冷え込む季節です。ひと雨ごとに暖かさも増し、下旬には桜のつぼみが徐々にふくらみ開花して見頃を迎えます。そんな3月には待ち遠しい春と相手の体調を気にかける言葉が相応しいでしょう。ビジネスで使えるかしこまった挨拶やカジュアルに使えるフレンドリーな挨拶に分けて3月の結びの言葉をご紹介します。
風物詩

3月といえば?行事・イベント・記念日

3月(弥生)は桃の節句ひな祭りからはじまり、ホワイトデーや卒業式、春のお彼岸と続きます。後半は少しづつ暖かくなり桜も見頃を迎えお花見のシーズンです。そんな3月の行事やイベント・記念日についてご紹介します。
時候の挨拶

時候の挨拶!1月から12月まで書き出しの言葉

四季折々に相手の安否を気づかい、また近況報告するのが季節の挨拶状になります。そのときに大事なのがその季節に相応しい言葉を用いることです。相手のことを思い、自分らしく季節感を表現する方が親しみがあります。それでは1月から12月までの時候の挨拶についてご紹介します。
時候の挨拶3月

時候の挨拶3月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

3月(弥生)は寒さも徐々に弱まり日毎に暖かくなります。二十四節気では2月の雨水から3月に入り啓蟄、また春分へと巡ります。それでは3月の時候の挨拶で書き出しの言葉をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました