6月

二十四節気

二十四節気一覧!意味と読み方と覚え方について

季節を区分して表すのに使われるのが二十四節気です。立春、秋分など漢字二文字で表し、一年を通して様々な節気があります。しかし、その意味や読み方について知らないことも多いですよね。また覚えるにはどうすればいいのでしょう。そこで二十四節気の意味と読み方、覚え方についてご紹介します。
結びの言葉

結びの言葉!1月から12月まで締めの挨拶

季節の挨拶状では、その季節やその月に相応しい言葉があります。それは手紙の書き出しの挨拶だけでなく結びの言葉でも同様です。先方のことを思い自分の言葉で手紙を締めくくる方が気持ちが伝わるでしょう。それでは1月から12月までの結びの言葉についてご紹介します。
結びの言葉6月

6月結びの言葉!ビジネスからカジュアルまでの締めの挨拶

6月(水無月)は気温が上昇しますが天候は晴れたり曇ったり。月後半になると梅雨入りを迎え急に肌寒く感じる日もあります。そんな6月は夏直前の蒸し暑さと梅雨による肌寒さがあり健康に気をつける言葉が相応しいでしょう。ビジネスで使えるかしこまった挨拶やカジュアルに使えるフレンドリーな挨拶に分けて6月の結びの言葉をご紹介します。
風物詩

6月といえば?行事・イベント・記念日

6月(水無月)は、学校や会社では制服の衣更えの時期となります。気温も高くなり夏直前の梅雨入りの季節です。また6月の第3日曜日は父の日、お父さんに日頃の感謝を伝える日です。そんな6月の行事やイベント・記念日についてご紹介します。
時候の挨拶

時候の挨拶!1月から12月まで書き出しの言葉

四季折々に相手の安否を気づかい、また近況報告するのが季節の挨拶状になります。そのときに大事なのがその季節に相応しい言葉を用いることです。相手のことを思い、自分らしく季節感を表現する方が親しみがあります。それでは1月から12月までの時候の挨拶についてご紹介します。
時候の挨拶6月

時候の挨拶6月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

6月(水無月)は春も終わり夏の手前、雨の日が多い梅雨に入ります。二十四節気では6月は小満から芒種、夏至へと巡ります。それでは6月の時候の挨拶で書き出しの言葉をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました