年賀状の迎春は目上の人に失礼?どんな意味になる?上司に相応しい賀詞は?

迎春 年賀状迎春

年賀状に書く賀詞には様々な言葉があります。

目上の人に書くときはどの賀詞を選べばいいのでしょう?

「迎春」は目上の人に失礼にあたるのでしょうか?

その意味と上司に相応しい賀詞をご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状の賀詞とは?

年賀状の賀詞とは、新年をお祝いする言葉になります。

賀詞には種類があり一文字、二文字、四文字、文章などがあります。

例えば四文字なら「謹賀新年」や二文字なら「迎春」などです。

この賀詞に含まれる「賀」の文字はお祝いを伝え、「春」は新年を表すなど一文字でも意味があります。

迎春の意味と読み方とは?

迎春は”げいしゅん”と読みます。

意味は「新年を迎える」または「新年を迎えました」となります。

なぜ「春」が新年を表すのか不思議に思われるかもしれません。

それは旧暦では立春から新年が始まるとされていたためです。

もともと季節の始まりである春は新年の始まりでもありました。

現在の新暦では1月が新年の始まりであることから「春を迎える」ことを「迎春」というわけです。

スポンサーリンク

迎春は目上の人に失礼?

この迎春は目上の人に失礼なのでしょうか?

迎春の意味は先程の通り「新年を迎える」です。

これら二文字や一文字の賀詞は自分と同等か目下に使うには問題ありません。

しかし目上に使うと省略した書き方になり失礼にあたります。

その他にも二文字の賀詞や一文字の賀詞は目上の人に使うのは避けた方がいいでしょう。

二文字の賀詞

二文字の賀詞には下記のようなものがあります。

難しい漢字を用いたものもありますが、どれも省略された印象です。

・賀正(がしょう)正月を祝う
・賀春(がしゅん)新年を祝う
・迎春(げいしゅん)初春を迎える
・頌春(しょうしゅん)初春を頌える
・寿春(じゅしゅん)新春を祝う
・慶春(けいしゅん)新春を喜ぶ
・初春(しょしゅん)春の初め
・新春(しんしゅん)新しい年
・新禧(しんき)新年の喜び

一文字の賀詞

一文字の賀詞には下記のようなものがあります。

二文字の賀詞よりもさらに省略された印象を受けます。

・寿(ことぶき・ことほぎ)めでたいこと・いわい・よろこび
・福(ふく)幸せ
・賀(が)祝う
・春(しゅん・はる)新年
・禧(き)よろこび・めでたいこと
・慶(けい)よろこぶ、めでたいこと

上司に相応しい賀詞とは?

上司に相応しい賀詞とは何でしょうか?

上司は目上の人にあたりますから二文字や一文字の賀詞は使えません。

そのような目上の人に相応しい賀詞は四文字や文章の賀詞になります。

四文字の賀詞

四文字の賀詞とは下記のような言葉になります。

「謹んで」や「恭しく」という文字が入り二文字や一文字の賀詞に比べて丁寧な印象を受けます。

・謹賀新年(きんがしんねん)・・・謹んで新年をお祝いいたします

・謹賀新春(きんがしんしゅん)・・・謹んで新春をお祝いいたします

・恭賀新年(きょうがしんねん)・・・恭しく新年をお祝いいたします

・恭賀新春(きょうがしんしゅん)・・・恭しく新春をお祝いいたします

・恭頌新禧(きょうしょうしんき)・・・恭しく新年の喜びをお讃え申し上げます

・敬頌新禧(けいしょうしんき)・・・恭しく新年の喜びをお讃え申し上げます

・慶賀光春(けいがこうしゅん)・・・輝かしい新年のお喜びを申し上げます

・慶祥麗春(けいこうれいしゅん)・・・麗しい新年を大いにお慶び申し上げます

文章の賀詞

文章の賀詞とは下記のようなものになります。

どれも上司に使える賀詞ですが、目上の人に出す場合には「謹んで」から始まる賀詞の方がより丁寧でしょう。

・謹んで新年のお祝いを申し上げます

・謹んで新年のご祝辞を申し上げます

・謹んで新春のお喜びを申し上げます

・謹んで新春のお祝いを申し上げます

・謹んで初春のお祝いを申し上げます

・謹んで新年のご祝詞を申し上げます

・謹んで年始のお喜びを申し上げます

・謹んで年始のご挨拶を申し述べます

・謹んで年始のご祝詞を申し上げます

・謹んで年頭のご挨拶を申し上げます

・新春のお慶びを申し上げます

・新年おめでとうございます

・あけましておめでとうございます

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました