年賀状の差出人は裏表どっちに書く?両面に書いても良い?住所なしはダメ?

年賀はがき 年賀状差出人裏表

⇒ 年賀状印刷のおたより本舗

年賀状の差出人名は裏表どちらに書きますか?

表に書かれていたり裏に書かれていることもありますよね。

どちらが正しいのでしょう?

また表裏両面に書いてもいいのでしょうか?

このような年賀状の差出人の書き方についてご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状の差出人は裏表どっちに書く?



年賀状の差出人は裏表どちらに書いた方がいいのでしょうか?

迷われるかもしれませんが、差出人は裏表どちらに書いても差し支えはありません。

差出人を表面を書く場合

年賀はがきの左下には差出人用の郵便番号の記入欄があります。

その上に差出人の住所や名前を書くといいでしょう。

宛名よりも小さめの文字でわかりやすく書きましょう。

差出人を裏面を書く場合

差出人名を裏面に書く場合には挨拶文などを書き終えた最後に書きます。

年賀状印刷などでも裏面の挨拶文の最後に差出人の住所や名前を書くレイアウトになっています。

手紙でいう最後の「◯◯より」の部分にあたり自然な配置といえます。

差出人の情報が多いような場合には裏面に書く方がスペースを調整しやすいでしょう。

スポンサーリンク

年賀状の差出人は両面に書いても良い?

差出人名は裏表の両面に書いても良いのでしょうか?

これは両面に書いてはいけないという決まりがあるわけではありませんがおすすめはできません。

差出人はどちらか一方に書いてあれば受け取った人も誰から届いた年賀状なのかはわかります。

裏にも表にも同じ情報が書かれているのは、見方によっては相手が覚えが悪いといっているようなもので失礼ともとれるでしょう。

年賀状を受け取ればハガキの表も裏も確認するわけですから差出人は片面に書いてあれば十分といえます。

年賀状の差出人の住所なしはダメ?

年賀状を出すときに住所を省略して書かなくてもいいのでしょうか?

ご事情があることもあるので一概にはいえませんが、本来年賀状には差出人の住所は書くべきです。

差出人の住所を書いた方が良い理由とは

年賀状の宛先に不備があるような場合は先方に郵便を届けることができません。

そのような場合には郵便物は差出人に返送されますが、その住所がないと戻すところも不明になります。

そうならないためにも差出人の住所は書いた方がいいでしょう。

また年賀状を受け取って差出人住所がないときに差出人が書き忘れたとは考えにくいものです。

どちらかといえば相手に自分の住所は知らせたくないという意思表示のようにも思われかねません。

信頼のおける相手とのお付き合いであれば、差出人の住所や名前は書いた方がいいでしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました